岩手働き方改革推進支援センターの支援内容

長時間労働の抑制や女性の活動促進、非正規労働者の処遇改善、仕事と生活の調和(ワーク・ライフ・バランス)の推進など、「働き方改革」を進めることは、生産性を向上させ、企業の成長・発展のために効果的な取り組みです。

この「働き方改革」にこれから取り組む、また、すでに取り組んでおられる企業を、ワンストップで支援するために平成30年4月に開設されました。

社会保険労務士等の専門家が無料で相談に応じます。

ご相談事例
  • 36協定について詳しく知りたい
  • 「同一労働同一賃金ガイドライン」を参考にパートタイマーなどの処遇改善をするには
  • 非正規の方の待遇をよくしたい
  • 時間外労働の上限規制への対応は
  • 弾力的な労働時間制度の構築
  • 多様な働き方を導入して生産性を上げるには
  • 生産性向上による賃金引上げの支援制度
  • 賃金引上げに活用できる国の支援制度を知りたい
  • 人手不足に対応するため、どのようにしたらよいか
  • 人材確保・育成を目的にした雇用管理改善には
  • 必要な「就業規則」の見直しには
  • 各種助成金について教えてほしい
  • 助成金を利用したいが、利用できる助成金が分からない

具体的には、以下の支援を実施していますので、お気軽にご利用ください。

電話等による個別相談

支援センターでは相談員が常駐して、電話・メール・来所による相談に対応します。

企業訪問による相談支援

ご希望により、専門家が直接ご訪問します。

出張相談会

商工会議所・商工会や中小企業団体中央会等において出張相談会を実施します。

事業主向けセミナー開催

商工会議所等において、制度紹介や労務管理手法等の普及セミナーを開催します。

関係機関との連携

ご相談内容に応じ、「県内地方公共団体」、「よろず支援拠点」等と連携を図ります。

お気軽にお問い合わせください。0120-198-077開設時間 9:00~17:00 (土・日・祝日を除く)

お問い合わせはこちら お気軽にお問い合わせください。